体が丈夫だった若かりし頃が懐かしい

私はあまり風邪を引きません。若い頃からそうでした。

特に、社会人になってからの20代は風邪を引きませんでした。

今では考えられませんが典型的な5時からOLでした。懐かしい言葉です。

お酒を飲んで遊んでいました。でも、仕事も真面目にこなします。金融の営業だったので朝がとにかく早かったです。

数十年前の話ですが朝、7時過ぎには出て会社に7時半過ぎには着いていたと思います。新聞を読んで朝の会議に挑んでいました。

前日は飲んでもそんな毎日ローテーションです。よく頑張っていたと思います。それでも風邪ひとつひかず無遅刻無欠勤OLでした。

有給休暇なんてとったことありません。夏休みや冬休みにくっつけて使うぐらいです。会社自体有給休暇なんて絶対取らせてくれないような会社でした。今では考えられません。

ぎっくり腰になりあまりの痛さに病院に行くと言って会社を出ましたが帰ってくるものとばかり思われて家に帰ってしまい翌日上司に叱られました。

私も帰ると言ったつもりでしたが上司的には仕事をしてもらいたかったそうです。ぎっくり腰でろくに歩けない20代OLに酷な話です。だから、風邪で休みますなんて恐れ多くて言えませんでした。

実際、私は仕事が好きだったので少し風邪気味でも会社に行っていました。

つらかった!2年連続の大腸の検査

先ほど、胃カメラの検査をしてきました。毎年恒例の検査です。

他にも今年は大腸の検査もしました。どれも辛いものですが、やっぱり最大級に辛いのは大腸の検査です。まず、下剤を時間をかけて飲みます。数日前から下準備がありまたこれも大変です。

でも、何より辛いのは大量の下剤を飲むことです。確か2時間かけてゆっくりと飲みます。途中、水やお茶を飲みます。

普段、水やお茶は味がしないので買ってまでボトルを買いませんが、この時ばかりはとても美味しく感じます。下剤を飲んでいると中気持ち悪くもなります。

あまり気持ち悪くなったりしない立ちですがとにかく大腸の検査だけは苦手です。
カメラを大腸に入れるのも辛いです。腸の中をぐりぐりと動いているのが感じます。

2回受けましたが、最初はとにかく辛かったです。今年二回目は前回の経験があるせいかカメラに関しては辛さを感じませんでした。下剤の辛さだけが残っています。

だれでも持ってる菌なのになぜ性病?

だれでも持ってる菌なのになぜ性病?

今日は納得行かない病のお話

森三中の大島さんが、旦那さんとの経験しかないのに

カンジダになった、って事で話題になったことがありましたが

カンジダってそもそも誰でももってる菌で

体の抵抗力が落ちた時に痒くなったりする病気だそうです。

なのに病気としてのくくりは性病

にも全く行為がないのにカンジダになった人のクチコミがのってました。
じゃー性病ってくくりやめてよね

恥ずかしい思いするのは女なんだから

製薬会社の方とか、カンジダは性病じゃありません

みたいなCMバンバン流してくれないですかねw

多分恥ずかしくて放ったらかしにしてる女子もたくさんいるだろうから

お薬の売上も上がるとおもいますよ!

保護者会で慌ただしい一日でした

今日は保護者会から帰宅して息つく暇もなく買い物に来ていたので、飲み物を。

こんな暑い日は水分なしでは倒れちゃいそうです・・・。

それは補習に行っていた息子も、午前中呼ばれてお馬さんの世話に行っていた娘も同じ。

みんなそれぞれ500ミリのカフェオレを買ってがぶ飲みです。

あ~、これで生き返る!

 

お馬さんのお土産をたっぷり持って、娘はとりあえず馬術場へ。

自転車をそこに置きっぱなしなので、自転車で帰ってくるように伝え、私と息子は車で家へと帰ったのでした。